AudioStrike - 諸熊の館 「The gate」

ゲーセンで遊んだSTGの思い出をオーディオゲームに!

種別:フリーソフト
right: 更新:2018年2月13日

◆はじめに

これは、自分で作るのが二作目になるシューティングゲームです。
と言っても一作目は、RubySDLの練習を兼ねて作ったものなわけですが…

今回のテーマは、「オーディオゲームでゲームセンターのアーケードをやってみた」です。
敵を正確且つ迅速に破壊する従来のSTGとは異なり、弾幕を掻い潜りながら敵を落とすことをテーマにしています。

2017年2月頃、友達が「シューティング作って」と言ってきたことをきっかけに、久しぶりに挑んでみることにしたのでした。
最近は作るのが御留守になっていたこと、個人的に興味があった「Troopanum」というゲームが私のPCでは動作しなかったこと、そして、オーディオゲーム界のシューティングにマンネリ感を持っていた、というのがその理由です。

◆主な特徴

  1. 登場する戦闘機や弾丸、敵機の状態を音で確認することができます。
  2. 表示されるテキストを音声で読み上げます。スクリーンリーダーが起動している場合は、そちらで読み上げます。
  3. キーボード、及びゲームパッドに対応しており、ゲーム中の全ての操作が行なえます。
  4. ゲームスピードや音量バランスの調整ができます。
  5. ゲームのルールや操作方法を学ぶためのチュートリアルがあります。
  6. スコアポスト機能を用いて、世界中のプレイヤーと腕を競うことができます。
  7. 過去にプレイした記録を見直すことができます。
  8. ゲームを有利にするアイテムを購入したり、戦闘機を強化したりできます。
  9. 第1言語は日本語ですが、英語にも対応しています。
  10. 簡易的ですが画面描画も行なっています。

◆動作用件

名称 環境
OS Windows 7以上
CPU コアII、1.7GHz以上
メモリー 250MB以上の空きメモリー
ディスク容量 250MB以上
ディスプレイ解像度 横1200PX, 縦720PX以上
音声出力 ステレオ使用のため、左右の音が聞き分けられる環境(ヘッドホンなど)
キーボード 最低限、矢印、エンター、スペース、エスケープ、タブキーが使えること
ゲームパッド DirectInput、またはXInput対応で、方向キー、及びボタン3つ使えること[^3]
スクリーンリーダー PC-Talker, NVDA, SAPI5
インターネット接続 オンラインスコアボードへの送信、及びアクセスに使用

◆インストール・アンインストール

ダウンロードしたファイルを実行します。表示される解凍先画面で解凍先を選び、「解凍」ボタンを押すとインストール完了です。

一方、アンインストールは、解凍して出てきたフォルダをフォルダごと削除すれば完了です。

◆免責事項

本ソフトは、無保証・無責任の状態で配布します。ソフトの利用は個々人の責任と判断で行なって下さい。

◆ダウンロード